天然鉱物ゼオライトとは

ゼオライトはギリシャ語の[沸騰する石]の意味から由来した、アルミニウムの含水珪酸塩鉱物で、急激に熱すると内部の結晶水が飛び去り、結晶水があった箇所はそのまま空洞として残り、スポンジ状の空洞構造(立体網目構造・多孔質)となる鉱物で、この空洞に再びガスや水分を強力に吸着する特性があります。

ゼオライトの特性

吸着効果:スポンジ状の空洞構造(立体網目構造・多孔質)がガスや水分、臭い、有害物質などを吸着。さらに酸に強い特性があるので、強い酸で処理しても変化がないことから、工業用にも極めて有効です。
イオン交換作用:水中や土中の異なったイオン化した原子や分子と接すると、ゼオライト内の物質の代わりにイオンを吸収します。
※ゼオライトは、公害物質の吸着などで、大地の浄化、水の浄化、空気の浄化をする鉱物として有効有益な資材として注目される鉱物です。

→当社のゼオライト
  「エコライト」についてはこちら