汚染水浄化、仙台産ゼオライトが有望…学会有志

(前ページからの続き)
研究チームは、同学会に所属する東北大など5大学と日本原子力研究開発機構の計59人。福島第一原発で、難航する高濃度汚染水の処理の一助になればと、自主的にデータを集めた。

実験の結果、表面に微細な穴の多い「天然ゼオライト」10グラムを、放射性セシウムを溶かした海水100ミリ・リットルに入れて混ぜると、5時間で約9割のセシウムが吸着されることを確認した。

(2011年4月7日21時32分 読売新聞)

研究資料

研究資料をPDFにてリンクしております。ご覧になりたい方はこちらから。

「エコライト」および当社製品につきましては、お問い合わせフォームEメールにてお気軽にお問い合わせください。